やり貝日記

多分ゲームのこととかを書きます。

仁王RTAのチャート

五月祭で走った仁王RTAのチャートです。

一応記録狙い用にも使えるように書いたつもりです。

結構丁寧に描いたつもりなのですがこのチャートだけからは絶対に何やればいいのかわからないと思うので適宜動画を見たり、自分でプレイしてください。どちらかと言うと

チャートというよりはRTA動画の副読本みたいな感じです。

仁王RTA.pdf - Google ドライブ

五月祭2019で仁王のRTAを走りました

この記事では、2019年五月祭の東京大学ゲーム研究会の企画として行われた、仁王RTAの振り返りと。ちょっとした裏話をしていきたいと思います。

 

Q. そもそもなんで仁王のRTAしようと思ったの?

A. 好きだったからです。

 仁王というゲーム、巷では最高の不快体験を味わえるゲームとして有名になっています。一部の方々は仁王の落命シーン集を見たことがあるかもしれません。何故か空いている穴に落ちて落命、相手の攻撃一撃で落命、輪入道にぶつかって落命…… 仁王における死(落命)はしばしば理不尽に、そして唐突に訪れます。狭いところで複数の敵に囲まれてあっという間に殺されることも少なくはありません。確かに不快なことだらけです。

 ですが、それを補ってあまりある面白さが仁王にはあるんです。意外と時代考証のなされたストーリー、豊富にあるやりこみ要素、作りこまれたステージの数々…… 良い点は挙げるとキリがありません。所謂減点方式だと低評価になるが、加点方式だと高評価になるゲームの典型例ではないかなと思っています。ちょっとでも仁王に興味があるという人は、是非買ってみてほしいと思います(ダイマ)。steam版とps4版の仁王Complete Editionが時折半額になるので、機を見計らって買ってください。二重の意味で楽しめると思います。

 

というわけで、ここからは今回のRTAの反省をしていきます。

 

・最初のロンドン塔~九州編

 なんと落命なし!村長屋敷、怨霊鬼、落下によるショトカ、飛縁魔、鵺、偽花宗茂のいずれもかなりの落命スポットとして名高く(どこで?)、2回くらいの落命は覚悟していたのですが、無事クリアすることができたのは僥倖でした。安定策として偽花宗茂に使うための砲弾(と、後に使う矢)を店で購入することを思いついたのは実はかなり最近なのですが、それが功を奏したのかなと思っています。落下によるショトカについても、実はかなり成功率が低かったのですが、当日(2019/5/18)の朝に対応策を思いついて上手くやることができました。最後まで諦めないことが肝心なんですね。

 

・中国編

 1落命。皆大好きあの厳島神社での落下落命でした。あの細い通路ではもたもたしていると火矢も飛んでくるので極力早く動かなければならないのですが、その焦りを見事に突かれる形での落命となりました。お手本のような落命だったので観客の皆さんの反応も良く、RTAとしてはダメダメなのですがエンターテイメントとしては盛り上がった部分だと思います(落下してるので実質メガトンコイン)。

 

・近畿編

 2落命。一つ目の落命は本能寺で、梯子を掴み損ねた結果アムリタ妖鬼に後ろから斧で叩き切られるというものでした。あそこは咎められて当然のミスだったかなと思います。仁王の梯子が掴みにくいのは常識なのでかなり訓練をしたつもりだったのですが、ああいう場面でやらかしてしまうのはよくなかったですね。

 二つ目の落命は雪女戦です。九十九発動中に掴み攻撃を食らったのがよくありませんでした。こちらの攻撃中に雪女が掴み動作に入った場合は避けようがないので、食らうべくして食らってしまったものでした。相手の攻撃の隙を見つけて攻撃したいのは山々なのですが、雪女はゴリ押しでスタミナ切れまで追い込むのがおそらく一番勝率が高いので、悩ましいところです。

 信貴山城と比叡山については大きなミスもなく進行できました。強いていうなら信貴山城の最初で刀を強いのに持ち帰るのを忘れたせいで中型の蜘蛛を倒すのに手間取ってしまったところくらいでしょうか。白虎は結構な落命ポイントだったのですが、上手くハマってくれたので感謝です。

 

・東海編

 2落命。忍者死ね。両方とも伊賀越えでの落命です。伊賀越えは始める前から嫌な予感がプンプンしており、おそらく一番落命するとしたらここだろうなあと思っていたら想像通りでした。細い通路(庇)の途中で立ち止まることで忍者を通路の上に乗せずに突き落とせることに気付いたのが昨日(2019/5/17)であり、それに気付くまでは扉を開ける際に必ず二刀忍者による1400くらいのダメージを受けていたので、それがなければもっと突破率が低かったということになります。ぞっとしない話ですね。とはいえ落命の主な原因はヘドショミスと落下ミスなので、あのあたりはまだまだ練習の余地があったと思います(反省)。梯子を上ろうとしていたら忍者にサンドイッチされて上れなくなったのはエンターテイメント的にはかなりのオモシロポイントでしたね。

 二俣と穢土城についてはすんなりと終わってくれたのでよかったと思います。二俣の輪入道や鍵の近くの敷二郎くんは機嫌が悪いとすぐこちらを追い詰めてくるのですが今回はデレてくれました。鬼女も攻撃を食らったら一撃死なので実はまあまあ危なかったのですが、上手くいきました。本田忠勝も攻撃を食らったら一撃死(略)。お勝に対するハメが成功したのも良かったです。開始直後に弓の照準を少し左下にずらした方がいいことに気付いたのは直前だったりします。

 

関ヶ原

 2落命。一つ目の落命は伏見城での雑賀孫一さん戦です。雑賀さんは初撃の銃弾を回避しつつ地面に叩き落せなかった場合勝率が著しく下がってしまいます。一戦目でメニューを開いてモタついていたのは、「初撃ミスったからタイトル戻ろうかな、でも戻ったらまた扉開けないといけないし落命した方が早いか」などと考えていたからです。結果落命する方を選択しました。

 二つ目の落命はガシャドクロ戦です。あまりにも唐突な落命だったので、何が起きてるかわからなかった人も多いと思いますが、おそらくランダムに湧いてきた骸武者の弓兵に射抜かれて死んでいます。ガシャドクロ戦ではランダムに骸武者や鬼火が湧くのですが、よりによって最悪な場所に最悪な敵を引いてしまったということです。実はガシャドクロの足を破壊して頭に上っていく際に弓兵の存在には気付いており、かなり嫌な予感がしたのですが、「ここで弓兵を倒しに行くと頭を攻撃するチャンスを逃してしまう、そもそも弓兵との間にガシャドクロの頭を挟めば弓貫通してこないのでは?」という考えからゴリ押しすることを選択し、結果として見事落命することになってしまいました。とはいえ他の選択肢があるわけではないので、失敗はしたが最善の選択だったんじゃないかなあと思っています。

 大谷吉継島左近の両名もかなりの強敵だったのですが、落命することなく倒すことができました。

 

・近江編

 2落命。一つ目の落命は安土城始まってすぐに常世に引っかかってボコられるという凡ミスでした。最もやってはいけないタイプのミスだったので、実は結構恥ずかしかったです。二つ目の落命はヤマタノオロチ戦です。RTA的にはこれが最もやってはいけない落命でした。最後の首を倒すために九十九を発動させたのですが相手の攻撃のタイミングが合わず失敗し、再度霊石を使って九十九ゲージを貯めようと待避したところに風を飛ばす攻撃が飛んできて落命してしまいました。一応距離を取って障害物の後ろに隠れたので、風飛ばし以外の攻撃なら全て当たらないはずだったのですが、当然咎められますよね。ここで落命したことにより、一部の消費アイテム無しでクソ長いヤマタノオロチ戦を再度やることになってしまい、大ロスをしてしまいました。これさえなければ目標タイム切りができていたので、かなり悔しい思いをしています。

 あと恥ずかしいことに何故か伊吹山で道に迷いました。どこで間違えたのかも本当にわからず、気付いたら全く知らない場所にいたのでかなり焦りましたが、適当に落下したら知っている場所に落ちることができたのでなんとかリカバリできました。

 

・女王の目

 1落命。クローンケリー相手にヘッドショットをミスり、モタついている間に後ろから追いかけてきた妖鬼が合流してきて無事ボコボコにされて落命しました。砲弾を使ってしまったのでソフトリセットまでするハメになったのですが、二回目では綺麗に3発ともヘッドショットをキメることができたので結果としてそこまでのロスにはならなかったと思います。百目はたまに落命するのですが、今回はデレてくれました。

 

・全体タイムについて

 タイムは1:48:31でした。目標タイムが1:40:00だったので残念ながら達成できなかったということになります。原因ははっきりしており、ヤマタノオロチ戦で落命したのが全部悪いです。ちなみに総落命回数は10回でした。できれば一桁に抑えたかったのですが、そう上手くいきませんでしたね(トホホ)。

 

・完走した乾燥

 仁王、面白いですね。やっぱり自分このゲーム好きなんだなあと改めて感じることができました。落命もひっくるめて観客の方々には楽しんでいただけたようで嬉しかったです。仁王はそこまで知名度のあるゲームでもないのでそんなに見に来る人はいないだろうなあ、とか思っていたのですが、ツイッターでの仁仁仁王王さんやいんぴじさんによる熱い#PS4shareなどが効いていたのか、立ち見まで生じるくらい人がいたので笑ってしまいました。

 

・今後について

 今回走ったチャートは一発勝負用の安定チャートであり、かなり途中の社でセーブをしているのですが、記録狙い用のチャートはもっと様々なものをカットしたチャートだったりします。できればもう少し攻めたチャートを使って走って、それなりの記録を出しておきたいなあなどと今は考えています(もし暇がなくなったら消えてしまうのですが……)。仁王は何故か走者が少なく、チャートもちょっと調べただけだと誰も公開していなさそうだったので、そのうちチャートを書いて上げようかなと思っています。こちらも時間があればなのですが……

 

・最後に

仁王Complete Edition、買え!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

名探偵ピカチュウを見てきました

名探偵ピカチュウとかいう映画を見てきたので感想でも書こうかと思う。

最初にこの映画についての感想を書いてしまうと、おそらく視聴した人間はほぼ全員が同じ感想を抱いただろうが、「ポケモン好きなら絶対見るべき、そうでないなら見ないでいい」というものだった。

ポケモンの描写については本当に貶すところが見つからなかった。実写に上手いことポケモンを溶け込ませており、何を見ても楽しめる。交通整理をしているカイリキーから、看板にさりげなく留まっているワシボンまで、現実にポケモンがいたらこんな感じなんだろうなあというオタクくんの夢を叶えるものだった。最近ありがちな初代のポケモンだけをプッシュするということもなく、それ以降のポケモンもガンガン出していってやろうという心意気を感じることもできた。ヒトカゲとかゼニガメを見に来たライトユーザーにいきなりバッフロンキュワワーを叩きつけていくのは製作者の中に逆張りオタクがいたに違いない。水棲ポケモンの描写がかなり少なかったのは残念だったが、舞台が陸上の大都会だったので仕方がないだろう。続編があるなら海を舞台にしてやってほしいかもしれない。向こうの世界でデフォルメされた姿のポケモンが、こちらの世界のポケモンのビジュアルと一致しているというような描写もかなり良かった。こちらの世界で熊とかイルカとかをデフォルメするようなものなのだろう。オタク的にはバトルの描写も外せない。カメックスvsゲンガーは短い上にストーリー的には無くても構わないシーンだったが、見どころがたくさん詰まっていた。ゲームやアニメの描写よりもガスであることを強調したゲンガー、ゲンガーの影分身を高速スピン水鉄砲で同時に破壊するカメックス……おたくクンの寝る前の妄想がここぞとばかりに実現されていた。

 

……と、ここまでこの映画を誉め続けてきたのだが、残念ながら手放しで褒められるような映画ではなかった。ストーリーはあまり面白くないからである。詳細は伏せるが、この映画のストーリーの主軸は父子の和解と、事件の解決の2つからなるものだったように思える。しかし、2時間でこれら全てを消化するのには無理があったのか、全てが中途半端になってしまっている気がする。父子の和解については、最後だけは良い雰囲気で終わったが、父を探しにライムシティまでやってきたわけではないはずの主人公がいつの間にか探偵ごっこに乗り気になっていたり、折角敵キャラクターも父子関係のある爺さんとおっさんにしたのに、それとの対比みたいなものもあまり見られなかった。事件の解決についても、タイトルに名探偵と銘打っているにも関わらず、探偵要素がピカチュウの被っている帽子くらいしか存在せず、誘導に従って進んだ先で誰かに会って次の誘導をしてもらう、の繰り返しであり、本家ポケモンのゲームの方が分岐点あるだろって思ってしまうレベルの一本道ストーリーだった。もっとも、私は原作の名探偵ピカチュウをプレイしていないので、もしかしたら原作のストーリーをまとめた結果こうなったのかもしれず、この点に関してはあまり叩くことはできないのだが。

最後に自分語りになってしまうが、この映画を見た後エアプはよくないということで名探偵ピカチュウを近くのブックオフで4000円(高すぎ)で買うことになってしまった。本当は買いたくなかったのだが、自らに課した誓約(ゲッシュ)である逆張りに逆らうことができなかったのである。皆も早く逆張りはやめた方がいい。私も今日から順・陽・乾で生きていこうと思う。

和歌山に旅行をしてきました

2019 2/19 - 2/21で和歌山の勝浦周辺に旅行に行ってきた。親の実家の近くにあるせいで何回か行ったことのある土地だったのだが、シャムさんが和歌山旅行していたので聖地巡礼も兼ねて行ってみることにしたらしい。聖地の画像とかについては省く。紀行風に書くの面倒だしネットにもたくさん転がってると思うので。

聖地巡礼旅行としてははっきり言ってあまり面白くなかったような気がする。ムスタファ・ケマル・アタテュルク像や樫野埼灯台、クソ長エスカレーターくんは見所があったし全人類行くべきだと思うが、潮岬はシャムさんが海の画像しか写してないせいであまり聖地巡礼感がなかった。貝塚の方が名所が見回りやすく感動も大きいような気もするので貝塚行ってない人はそっちに行くべき。某ホテルも最初来た時はかなり感動したしご飯も美味しかったのだが、日本がまだ元気だった頃に建てられて今は廃れつつあるホテル、という感じが隠しきれておらず泊まっているこっちの方が辛くなってしまった。最近旅行してもビジネスホテルにしか泊まってないので気づかなかったのだが、どこの旅館もこんな感じなんだろうか。そうだとしたら少し悲しい。

聖地巡礼とは全く関係なく串本海中公園の水族館に行ってきたのだが、こちらはかなり見所があってオススメできる場所だった。寄生・共生生物の特集コーナーがあったりとか、串本だけあってウミガメが展示されていてかなり近づくことができたりとか、地域の特色のある面白い作りになっていた。近くに白浜水族館やエビとカニの水族館もあるので、生き物好きな人は聖地巡礼とかしないでこっち巡った方がいいと思う。本当にどうでもいい話だとは思うが、エビとカニの水族館のある周参見の道の駅は、シャムさんが立ち寄った周参見の道の駅とはどうやら別物らしいので聖地巡礼も水族館巡りも両方やりたいという人は注意してほしい。

もう一個どうでもいい話をしてなんとか1000字にいきたいから書くんですけど、那智の滝かなりしょぼくないですか?近づいて見れないのが一番の原因だと思うんですけど、それにしても小便にしか見えない。前来た時は雨が最近少ないからしょぼいんですよ〜みたいな話をされて、今回は行く2日前に雨が降ってたからウキウキだったんですけどそんなに変わらなかったから本当に悲しんでいました。

サメ映画を、見ました

皆さんはサメ映画なるジャンルをご存知だろうか。こんなブログまで辿り着くような皆さんなら当然知っているだろうが一応説明しておくと、よくわからないサメが出てきて人間を虐殺してキャッキャするタイプの映画のことである。私はネタとしては知っていたが本編に全く詳しくなかったのでエアプはよくないなあということで貴重な休日を潰して4作品ほど視聴した。時間返してほしい。

 

1.ファイブヘッドジョーズ

 タイトル通り、5つの頭を持つサメの活躍を描いたお話である。どこかの大学の学長の名前みたいだあ。今回見た映画の中では一番サメ映画としてはまともで、まあまあ面白かった。最初は4つの頭しかなかったのでどうやって生えてくるのかなとわくわくしながら見ていたら、尾びれが変化して頭になったのはちょっと意味不明だったと思う。そこまでファンタジーにするなら頭100個くらいにしてもよかったんじゃない?サメ映画の鉄則なのかどうかは知らないが全体的に主人公は死ににくいらしく、5つ頭があるという性質上一度に一人の人間だけを襲うことが難しい(必ず巻き込んでしまう)という弱点を本作のサメは持っているため、主人公にまとわりつくことで死を回避することができるという戦法が確立されていて面白かった。

 

2.シャーク・キラー

 今回見たサメ映画の中では一番つまらなかった。開始3分で主人公がコブラみたいに女の危機に颯爽と現れサメの襲撃を阻止したあたりではサメ映画版無双モノか????面白そうじゃん!!!!と珍しく興奮してしまったのだが、その後に続いていたのは退屈な人間同士の戦闘と主人公の薄っぺらさを強調し続ける意味のわからないジョークだけであり、鍋☆くらいには見るのがきつかったと思う。敵のおっさんの脚が悪いのを利用して障害者殺し技をつかったりしていたのでポリコレに反しているかもしれない。もしかしたらサメ映画を期待しないで見たら面白く感じられるかもしれないので、サメ映画を見る気のない人は見てみると良いかもしれない。

 

3.ジュラシック・シャーク

 地下で眠っていたメガロドンが目覚めて湖で人間相手に暴れ回るという非常にシンプルなストーリーからなる作品。メガロドンが淡水の浅瀬で活動できるかどうかは専門家ではないのでよくわからないが、ジュラ紀の生物でないことだけは確かなようである。世界で最も酷い映画ベスト12にランクインしているらしく期待していたが、きちんと名前負けしない内容を魅せつけてくれた。なぜかオープニングでスタッフロールが始まり、かといってエンディングがスキップされるわけでもなく10分近くに及ぶエンドロールがしっかりと流れる。なんで。サメの演出に関しても最底辺レベルであり、人間が殺される場面が直接描写されることはほとんどない。たまに描写されることもあるが凄まじく不自然なCGだったり適当感溢れる脚だけ残ってるなどの笑顔案件だらけである。

 

4.鮫の惑星2

 名前負けしてる。なぜ1ではなく2なのかというと借りるときに1がなかったかららしい。内容は水没した未来の地球(?)のような場所でサメを操る力を持った悪者と主人公たちが戦うというよくありそうな内容である。サメ描写はそれほど多くなく、かといって人間ドラマが繰り広げられていたわけでもなく、画面の中で何が繰り広げられていたのかははっきり言ってあまり思い出せない。だって連続で見すぎて疲れてたんだもん。ただ主人公が恐ろしく無能であり、他キャラにほぼおんぶでだっこだったのが不快だったのははっきりと覚えている。終盤で主人公が敵にボコられているのをヒロインがサメを操って助けるシーンとかはかなり主人公の無能さが全面に押し出されていたように感じる。戦うヒロインとか描きたかったのかな。

 

駒場祭 金銀RTA 感想

11/23(金)に行われた大学の学園祭のサークル企画でポケモン第二世代の金のRTAを実演してきたので感想や反省などを書き連ねていきます。

 

初めに書いておくと記録は3:26:42でした。練習で走った時は3:20切りも何回かあったのですが、本番だからということでビビってたくさんレポート書いたのと薬を回収したのとで結構遅くなってしまいましたね。言い訳をすると普段はSPでプレイしていたのでGCプレイヤーの遅延で自転車が上手く操作できなかった。あと寒くて手がかじかんでた。日本語版の世界記録が3:09:21なのでそれと比べると「お、遅ぇ〜」っとなってしまいますが、一発勝負ということを考えるとまあまあなタイムなのかなと思えないこともないです。RTA in Japanの金RTAの目標タイムが3:27:00だったのでそれを切れたのは嬉しいですね。

 

本番の運ですが、特段良くも悪くもなかったような気がします。御三家厳選は3~4リセで済んだので3分くらいのロスで済みましたし、A個体値もレベル6で実数値13だった時は「あーあ」って気分になったのですが乱数が味方したのか確定数がずれるような場面はほとんどありませんでした。Sがドチャクソ低そうだったのでグリーンのフーディンやレッドのリザードンに抜かれそうだなあと思って保険をかけたのですが、結果的に抜かれることはありませんでした。このあたりはもっとSを調べておくべきだったなあと反省しています。アカネのピッピに指を振るでやどりぎだのメガトンパンチだの出された時はあまりのつまらなさに引っくり返りそうになりましたが、ツクシや2回めのライバルでリセを引かなかったのでどっこいどっこいですね。どっこいどっこい。ただし混乱は合計で5回くらい食らった上に全部自傷したのでアレさえなければもっと早かったかなと思います。ズバットは早く絶滅してほしい。超速振り向きするトレーナーほぼ全員に引っかかったのもかなりダメダメでしたね。トレーナーは一応右⇔下、左⇔上で振り向きやすいという法則があるらしいのでそれを気にしながらロスしない範囲で通り抜けるようにしていたのですが本番に限って当然のようにほぼ全員に引っかかりましたね。つながりのどうくつのイワーク出してくる山男とか過去10回くらい引っかかってなかったんだけどなあ。

 

反省ですが、全体的に道具管理がまだまだガバガバだなあと思っています。そのあたりを詰めて豪運を引けば3:15切りくらいは目指せそうなので、時間があればもう少しこのRTAを続けていきたいですね。

 

 

仁王 感想

PS4の仁王というシブサワコウさんから出ているゲームをプレイしたので感想でも書いていこうかと思う。サークルの先輩がつまんなさそうにプレイしているのを見て面白そうだなと思い購入したのだが、期待に違わぬ面白さが堪能できた。

 

仁王のここがすごい!

・敵が潜んでいそうな場所にほぼ絶対敵が潜んでいる

角や物陰など、敵が潜んでいたら嫌だな〜と思わせるような場所がアクションゲームには多々存在している。実際に潜んでいることは少なく大半が杞憂で終わるのが常だが、仁王ではほぼ必ずと言っていいほど敵が潜んでいる。死にゲーを自称するだけあって敵の攻撃力は尋常ではないので、不意打ちされて2発食らうとお陀仏である。常に緊張感を持ってプレイすることのできる良要素と言えるだろう。

 

・狭い場所に密集して現れる敵

仁王は連携の大切さを教えてくれる。各個撃破なら大したことのないような敵も、狭い場所で複数で襲ってこられるとたちまち脅威になるのである。唐突なリンチからの死亡は仁王では最初から最後までよく見られる光景であり、体験すると笑顔になれる良要素である。特に一反木綿さんと鬼火さんのコンビネーションは全人類に体験してもらいたい。

 

厳島神社

最高のステージ。踏み外したら即死の狭い足場、暗くて何も見えない視界、上からも下からも物陰からも不意打ちをかましてくる海坊主といった最高のコンテンツがお出迎えしてくれる仁王の一番面白い部分が詰まったステージである。どうやったらこんな素晴らしいステージが作れるんだろうか。

 

とまあ文句ばかり言ってしまったのだがボス戦は歯応えがあって面白いものが多かったし、雰囲気はどのステージも魑魅魍魎が跋扈する古の日本を再現できていて飽きなかった。個人的にはダクソやブラボよりも数倍難しかった気がするので、死にゲーやってみたいマンはプレイすることをお勧めしたい。